AIの力で不動産業界の「革進の核」になる。「AI戦略室長」の後任を募集します!

テクノロジーの変化が遅れている不動産業界

山田さんの現在のお仕事は?

株式会社LIFULLの取締役として、LIFULL HOME’Sの事業本部副本部長、情報システム部門のLIFULL技術基盤本部本部長を担っています。前者は、LIFULL HOME’Sのメディア事業を横断的に見て、膨大なデータをどう蓄積していくのか、マーケティング施策の効果をどう最大化するのか、インフラ基盤の対応性と拡張性をいかに高めていくのかなどの戦略を練り、実行しています。後者は、社内の業務システムの管理・改善を含めた、インフラ面を最適化していく役割です。

それらに加え、社長直轄のAI戦略室の室長も兼務しています。部門の役割はLIFULLが持つ様々なビッグデータにAIの技術を活用し、今はないサービスや機能を創っていくことです。例えば、引っ越しで家を住み替える時、不動産会社に来店し、現地まで物件を直接見に行って決めるという一連の流れがありますが、これは昔から大きく進化していません。住む場所を選ぶのだから、対面で話をし、実際に見に行くのは当然、と思われるかもですが、(同じく空間を所有する)車などでは既にネットで購入の意思決定をすることが浸透しています。今後、住み替えでも同様のムーブメントが起こる可能性は十分にあるのです。LIFULL HOME’Sが持つ物件の情報や写真などを組み合わせて、バーチャルに訪問するのと近しい体験を提供し、オンライン上で住み替えが完了できる世界観を作っていきたいと考え、チャレンジしています。

LIFULLは創業以来ずっと、不動産情報の可視化に取り組んできました。物件のスペック情報、価格情報、建物の性能情報、どんな不動産会社に頼んだらいいかという情報など、可視化にも対象は複数あります。不動産業界は世界的に見てもテクノロジーの進化が遅れていますが、AIやディープラーニングを活用することにより、ユーザーが求める可視化に近づけることはまだまだできると思っています。今後は、いかに良質なデータを集積し、そこから学び、活用していけるかどうかが、業界を革進していく上では重要になってくると考えています。

テクノロジーを使った不動産業界の可視化は改善余地が大きい

スマホ初期時代にアプリ自社開発へチャレンジ

 現在のお仕事の楽しいところはどこですか

LIFULLの初期フェーズから今にいたるまで、会社と一緒に自分もずっと成長し続けていられることが楽しいですね。弊社は創業から20年以上経っていますが、創業時は紙媒体で不動産情報を取得するのが当たり前だった頃。そこから、インターネットが普及し、スマホ化も進み、ユーザーへの価値提供の仕方もガラッと変わってきました。時代の変化に追いつき、時に先読みし、チャレンジしていけることはとても素晴らしい環境だなと思ってます。

1つエピソードを語ると、約10年前、iPhoneを持っている人も少ない頃、自社でiPhoneアプリを開発したことがありました。その時は、まだPCでのサイト閲覧が中心で「社内のエンジニアリソースを使ってまで、わざわざアプリを作る必要があるのか?」という議論もあり、外注する方向で意思決定されそうだったのですが、「こんなにワクワクする開発はない、社内のエンジニアで革進を起こして、未来を作るんだ!」と思い、エンジニア全員にメールしました。それに賛同してくれた十数名のエンジニアとチームを組み、個々のメインの仕事プラスiOSアプリ開発をし数ヶ月で実現にいたりました。その時はPC閲覧が当たり前でも、今後はスマホで情報を取得していくことが日常化していく可能性があるのであれば、業界内でも先行して我々がやっていく意味があると思っていたんです。今思い返すとスモールスタートで機能性に乏しいアプリではあったのですが、時代に先駆けてチャレンジできたのはとても印象的な思い出ですね。

炎上対応でたまたま関わることになった出会い

LIFULLに入社した経緯を教えてください。

小学校時代からパソコン少年でした。当時はコンピューター雑誌を買うと、その中にプログラミングコードが書いてあって、それ通りにタイプするとコンピューターゲームが作れるという時代。周りからは珍しい目で見られていましたが、とにかく熱中していました。学校卒業後は組み込み系のエンジニアとしてソフトウェア会社へ就職。ハードウェア系のエンジニアとして約4年、知識と経験を深めていきました。Windows95が出た翌年に、アプリケーション作成の受託会社へ転職。その会社が顧客として取引していたのが株式会社ネクスト(現LIFULL)でした。私はネクストの担当ではなかったのですが、たまたま開発でのトラブル(炎上)があった時に、当時横浜に本社があったネクストに家が近かったから、という理由で急遽ヘルプに行きました。そこで初めて出会ったのが、LIFULL創業者の井上高志です。きっかけは偶然だったものの、開発トラブルが収束する頃には、まだ10人位の規模だったネクストの忘年会に呼んでもらえるまでの信頼関係ができていました。

そんなある日、井上に誘われて2人でお酒を飲みに行きました。井上から「業界と住まい手の間に在る情報の非対称性を変えたいんだ!」という想いを聞き、話を進める内に更に熱を帯び、次第に涙ながらに未来を語る井上がいました。当時まだ20代そこそこの未熟者だった私には衝撃でした。世の中への課題意識や事業への特大の情熱を持つこの人といつか一緒に働きたいと思うようになりました。ちなみに涙ながらにそんな話をしたことは、お酒のせいか井上はすっかり忘れてましたけどね(笑)最終的に井上からの誘いの後押しをしてくれたのは妻でした。妻は井上と知り合ってからの私がいつもイキイキと仕事の話をするようになったとポジティブな変化を感じていたそうです。

2010年執行役員就任時の山田さん

ネクストに入社してからは、自社サービスもどんどん変化し、エンジニア組織も開発環境も進化し続けてきました。新サービスのローンチや、大きな機能改善のアップデートをする直前など、激務でしんどかった時も正直ありましたが、大変な経験の先にはユーザーへ高い付加価値を提供できると感じられる会社なので、あまりつらいと思ったことはなかったです。入社して約10年後の2010年に執行役員に就任し、現在は取締役として経営に携わっています。

AI分野に明るい専門家集団

 どんなメンバーと一緒に働いていますか?

AI戦略室のメンバーは、社員8名、業務委託2名の合計10名です。大学院で機械学習を学んでいた者や、不動産会社でデータ分析に携わっていた者など、経験もバックグラウンドも様々です。私も追いつけない位、みんなAIをはじめとしたテクノロジーの分野には明るく、上昇志向のある素晴らしいメンバー達です。一方で、あくまで我々は研究機関ではなく会社所属の部門なので、自分たちの取り組みと事業とのシナジーを構築して成果に繋げていくためにはどうしたらよいか、という点では私も事業とのハブになって組織の専門性を活用していきたいと思っています。

スタンディングミーティング中の山田さん

高度な専門性を最大限に発揮させたい

後任さんに期待することは?

私はAIについてのベースの知識こそあれ、専門性については彼らには劣ります。そのことがボトルネックになってしまうのではと思うこともあります。より早く、より確実にLIFULLが不動産業界にテクノロジーの変化をもたらすためにも、業界の動向を先読みしたうえで、高度な専門性を持ってメンバーの知識や能力を最大限に発揮する環境を整える方が必要だと考えています。

AIスペシャリストの専門性をもっと活用したい

何がLIFEをFULLにするのか

最後にお伝えしたいことは?

LIFULLの「世界中のあらゆる『LIFE(人生・暮らし・社会など)』を『FULL(満たす)』にしたい」という想いは、ユーザーに向けてはもちろんですが、自分たち社員もそうであるべきだと思っています。私の場合は、自分のLIFEが満たされる上での大きな要素は「同じ志を持った仲間達の存在」でした。人によって、LIFEをFULLにする要素は異なるかと思いますが、AIの知見と技術力を持って、ビジョンへの高い共感を持って、世の中に大きな価値提供をしたいと考えている仲間がここにはいます。不動産業界をはじめ、人々のLIFEをAIの力でFULLにしていきたいという想いに共感してくれる方とお会いできるのを楽しみにしています。

本社1階にあるLIFULL Table前にて

取材後記:森

LIFULL創業初期に、クライアント先の炎上対応に巻き込まれたことがきっかけでジョインしたという山田さん。前回の周佐さんの記事でもそうでしたが、LIFULLには社外のパートナーの人を巻き込んでいく惹きつけ力があるのかもしれません。
ちなみに、タイトルにも使用している「革進の核になる」という言葉は、LIFULLのガイドラインで使われている言葉の一つだそうです。普通は「革新」と書きますが、「革進」を用いているところにも、マーケットを進歩させていくことへの強い想いが感じられます。