2020年「Beauty×ITで世界No.1」を想起させる会社を目指して、圧倒的な成長を支える「新卒採用責任者」の後任を募集します!

 

かつて経験のない未曾有の急成長を実現させる!

田中さんの現在のお仕事は?

現在は新卒、中途を含めた採用全体の責任者の役割を担っています。採用活動の全体戦略作成や人材要件定義、現場社員の巻き込みや面接、内定者へのクロージング、採用チーム全体のマネジメントやチーム体制作り等広く関わっています。

新卒採用に関する私の役割は、これまでに実現したことのない規模、そしてクオリティを追いもとめた戦略設計や改善業務が中心です。

アイスタイルグループは、2020年までに「Beauty×ITで世界No.1」を想起させる会社になることを掲げています。規模でいえば現在の倍以上である1,500名体制への拡大を目指しており、未曾有の成長拡大フェーズ真っ只中で、中途採用および新卒採用を進めている最中です。これまでの採用のやり方ではすでに限界を迎えており、日々新しい施策を打ち出し高速でPDCAを回しながら採用業務を進めているところです

日々の変化が大きい採用の面白さ

採用チームメンバーとのミーティング

現在のお仕事の楽しいところはどこですか?

採用と一言で言っても、毎年どころか、日々日々変化が必須である点は楽しいと思っています。

例えば、今の学生が何に興味を持ち、どんなメディアを見ているのかは、もちろん世の常として変わっています。そのため、ビジネスだけではなく、カルチャーやトレンドにもアンテナを張り、先入観なく、新しいことをどんどん柔軟に取り入れていけるよう、いわゆる“新卒採用活動期間ではない”時期でも、様々な接点の中で、実際に学生の話を聞いたり、彼らのトレンドを追ったりするようにしています(最近は歳のせいか、本当にその難しさをヒシヒシと改めて感じていますが。笑)

そうした情報収集からヒントを得て、実際に新卒採用の施策で、訴求するメッセージやコンテンツ、場合によってはセミナーの雰囲気作りなどにも参考にしています。こちらから、何かを届けたり、アクションをする前に、何よりもまずは相手を知ることが大事だと強く思っています。

新卒入社時での失敗から人事を目指すまで

前職時代の田中さん①

アイスタイルに入社する前のキャリアと入社した経緯を教えてください。

新卒で入社したのは、最大手の金融機関です。正直当時の自分の就職活動を振り返れば、「内定を取るため」の就職活動をしていました。当時はそれが一番大事だと思っていました。自分の学生時代までの強みを生かし、“内定を確実にもらえる可能性が高い”業界はどこか、そう考えた結果、内資金融業界を選んだのです。

出身大学のOBが多く在籍していたことでOB訪問などもしやすく、ひたすらOB訪問を繰り返し、合計60名くらいにはお会いしたかと思います。今思えば、その期間にとても鍛えられたのは間違いありません。その甲斐もあってか、実際に10社以上の選考を受けて、選考で落ちたことはほぼありませんでした。ただ、そうやって掴んだ複数の内定企業のうち選んだ1社を、入社2か月で辞めてしまいます(笑)。若気の至りというか世間知らずだったというか…当時はあまり聞きなれない言葉だったかもしれませんが、いわゆる“ミスマッチ”だったと思います。今思えば大手企業が持つ企業文化やカルチャーに自分が全く合っていなかったんですね。

就職活動は“内定をいかに獲るか”で、その攻略しか考えていなかった自分には、実際に入社を決めた大手の企業で働くイメージが全く持てていなかったんです。なにせ、内定がゴールになってしまっていましたから。ゴール=内定の先には、“安定した人生”という“漠然としたもの”しか抱いていなかったのだと今振り返ると思いますね。

その後の転職活動は、本当に苦しかったです。2か月余りで会社を辞めてしまっては、普通に考えても、なかなか企業側も採用しにくいと思います。自分が人事という立場になっても改めて思いますね(笑)。

前職時代の田中さん②

なんとかご縁をいただき、知り合いからの紹介で、入社させてもらったのは、人材コンサルティング会社。1社目の会社を辞めて、初めて「自分の経験が多少なりとも活かせるのではないか」と思える会社でした。企業に対する「採用のブランディング支援」や、「就職活動生に対する就職支援講座」を担当させていただきながら、「社会人としての基礎」を学ばせて頂きました。自分の居場所を見つけたような気持ちで、毎日寝る間も惜しんで働いたことを今でもよく覚えています。仕事で人の役に立てることがこれだけ楽しいことなのかと、毎日充実した日々でした。そして3年ほどの採用コンサルの経験を通して、数百社以上の人事の方々とお話させて頂き、「人事」という仕事に興味を持ち、自分も挑戦したいと思い始めたのです。

2010年、27歳を迎えた頃、本格的に人事を目指しました。その中で出会えたのが、インターネット黎明期からEC事業を中心に事業展開をしている会社の採用担当でした。未経験ながら採用いただくことができ、「自分のビジネスパーソンとして核となること」や、「仕事をする上で大切なこと」はすべてこの会社で出会った方々に教えて頂いたと思っています。4年在籍したこの会社では、採用担当として米国、アジア各国の採用に携わらせて頂いたり、また人事責任者となってからは、当時はまだ今ほど注目をされていなかった「タレントマネジメントの仕組作り」など、採用から制度企画、労務などあらゆる人事業務に挑戦させていただきました。また、同社は【事業創造カンパニー】を標榜する会社であり、「起業家精神」、「アントレプレナーシップ」とはどういうことなのか、そして“起業家や経営者に資する人事”とはどういう役割で、何が求められるかを、日々考えながら、アクションファーストで実践を重ねられ、本当に人事として成長することが出来たと思っています。

Beauty×ITの業界はとても奥が深い

実際にアイスタイルに入社してどうでしたか?

ちょうどこの9月で丸3年を迎えます。アイスタイルに入社してからは採用にフォーカスした役割を任せて頂いています。入社してから一貫して思っていることが1つあります。それは「しっかりと知ってもらえれば、アイスタイルという会社はめちゃくちゃくいい会社なのに」という想いです。

アイスタイルはどうしても「日本最大のコスメ・美容の総合サイト@cosmeを運営する会社」というイメージが先行しており、一定“出来上がったサービスを持つ会社”、“安定した=挑戦を求めない会社”と思われることが数多くあると思っています。それは全く事実と反すること。しかし、アイスタイルが「Beauty×ITで世界No.1」を想起される会社をあと数年での実現を目指していることなど、なかなか社外では認知が高まってはいません。結果、例えば、新卒採用では、しっかりとした工夫がなければ、どうしても@cosmeのイメージが先行してしまい、説明会を開催しても@cosmeにだけ興味を持った学生が大半、ということになってしまいます。それは決して悪いことではありませんが、正しい認知を学生の皆さんにされているとも全く思っていません。

だからこそしっかりと「今のアイスタイル」を伝えたいという思いを強く持っており、特に次年度(2019年卒)の新卒採用や、今後の中途採用市場における採用ブランディングの強化に注力していきたいと考えています。

新卒採用の責任者を置くことで採用チームをもっと強固にしたい!

採用チームのメンバーと

どんなメンバーと一緒に働いていますか?

現在採用チームには7名のメンバーがおり、チームをフロント、ミドル、バックオフィスと3つのチームに分けています。簡単に言うと、フロントは各ステークホルダー(候補者、社内採用部門、協力会社様など)に対する「社内外のコミュニケーション」を中心し担当し、ミドルは「各施策やアクションのオペレーションの設計とハンドリング」を、そしてバックオフィスは「オペレーションの運営」を担当しています。

現在、新卒採用の責任者は私が兼務で担っているのですが、2020年に向けた採用計画でも、新卒採用だけで30名以上を毎年採用していく予定です。これからの成長を考えると新卒採用責任者としての役割を担ってくれる後任の採用・体制の強化は必須であると考えています。

手前味噌ではありますが、採用チームは優秀なメンバーが多くおり、それぞれの役割に責任感と専門性を持ってモチベーション高く、メンバー全員が、日々成長を共にし、とても素晴らしい組織になりつつあると思っています。ただ今後の経営目標をHR面から実現すると考えれば、まだまだレベルアップが必要だと考えており、その実現を本気で目指してくれる仲間にぜひ来てほしいですね。

社員の拠り所になれる人事になってほしい

後任さんに期待することは?

採用の経験はもちろん求めたいところですが、それよりも重視したいのが“マーケティングの視点”だと思っています。

いかに採用における顧客である候補者(就職活動生や転職者)を理解し、アイスタイルという会社を「働き甲斐のある会社」としてしっかりと伝え、興味を醸成し、ご入社までの接点を創出し続けていけるかを考えていくことが重要です。

また、採用人数を充足させることも、もちろん大事ですが、私は採用して終わりではないと強く思っています。自分が入社に関わった人が、入社後にどう活躍して何にやりがいを感じ、何に悩みどう乗り越えていくのかをしっかりとフォローしていけるか。そういう、“社員の拠り所になれる”人事パーソンを目指していきたいと思える人と一緒に働きたいです。

組織は人で変わる。アイスタイルはもっと成長できる!

最後にお伝えしたいことは?

私はこれまで4社経験し、HR領域には長く関わってきましたが、改めて組織は人で変わる要素がとても大きいと思います。実際に、アイスタイルでも人を起点に新しく生まれたイノベーションやサービスも多くありますし、もっとこうしたらいいのでは、と積極的に提案できる風土がアイスタイルにはあります

また、優秀な社員に入社していただいても、その方が定着して長く活躍してもらえないと意味はありません。現在、採用チームで“EVP(Employee Value Proposition、従業員のための価値提案)”や、採用活動において適切に候補者にアイスタイルを体験として提供できるように、カスタマージャーニーマップ(どのような心理的変化を経て応募~内定承諾に至るのかの思考)を整理することもおこなっています。

まだまだ作成途中で、ようやく良い感触を得てきているものもありますが、それでも未完成の部分がたくさんあると思っています。是非、後任となる方と一緒に脳に汗かきながら、アイスタイルの採用のあり方や、会社としての目指す方向について日々議論していきたいと思っています。

取材後記

新卒入社先を2ヶ月で退職したところからキャリアをスタートされた田中さんのお話は、まるで某番組の「しくじり先生」のようで、笑いや示唆に富む内容でした。

そんな田中さんが行きついた人事としてやりがいを感じられる最善のフィールドがアイスタイル。

田中さんを初め、人事には優秀な人材が揃っていて、これまでの経験を活かして価値を追求していくにはとてもよいタイミングであり、非常に重要な役割であるのが今回のポジションだと感じました。

横浜生まれ。上智大学卒業。
新卒で入社した株式会社ベンチャー・リンクで新規事業開発を担当。
エンジニアを経て、株式会社リクルートキャリアでプランナーとして、
数百の企業の中途採用支援に従事。
2015年10月、創業から携わってきた株式会社 juice upにジョイン。

後任募集企業について

会社名
アイスタイル株式会社
募集ポジション
新卒採用責任者候補
雇用形態
正社員
勤務地
東京都港区赤坂一丁目 12 番 32 号 アーク森ビル 34 階
想定年収
450万~700万
※前職のご経験と面接評価により決定
仕事内容

新卒採用責任者として、アイスタイルグループの新卒社員を採用するために必要な活動の全てをお任せいたします。

具体的には、

・アイスタイルグループの中長期経営戦略・事業計画に沿った新卒採用戦略等の設計と運営

・経営戦略を基にした採用ターゲットの選定とそれに応じた採用手法の立案と実行

・外部の人材DBや採用メディア、SNS等を活用したダイレクトリクルーティング

・経営戦略を踏まえた採用ブランディング・広報活動の設計と運用

・インターンシップ等を活用したターゲット学生の集客施策の企画と運営

・内定者フォローアップ施策の企画と運営

・採用マーケットを分析し、最新の採用手法の構築と運用

・必要に応じての面接・インタビューの実施 等。

場合によっては、中途採用業務にも関わっていただきます。また、将来的には、ご経験や適性に応じて、人事制度や人事企画領域にもキャリアを拡げていっていただくことが可能です。

求める人物像

・自社の新卒もしくは中途採用における実務経験を2年以上お持ちの方

・マーケティング思考力:ターゲットを整理し、必要な集客施策や直接アプローチを取ることができる

・実行力:考えるだけでなく、実際に行動して成果を出すことができる

選考プロセス
まずは下記よりご応募・お問合せください

書類選考

1次面接

2次面接

最終面接

採用
・1次面接または2次面接で、今回のインタビュアーの同席がございます。
・次の選考ステップに進まれる方のみご連絡させていただきます。
・選考プロセスは変更になる可能性があります。
・不採用理由についての問い合わせにはお答えできませんのでご了承ください。
興味がある 応募する

※今回の後任募集については、サイト運営主体の株式会社juice upに委託しております。